英語が話せない理由

どうすれば英語がはなせるかということばかり考えて、話せない理由をしらない。

仕事においても研究においても、失敗はつきもの。その原因を知ろうとしないで次へ進もうという人はいない。

日本語において言葉というものの処理の仕方を知らない。

日本人だから日本語を話せて当たり前というのが、面接時のようにいざとなったら言葉を並べることができるのか 非常に疑問が残る。日本とを即座に正しく並べることができない人は外国語ではさらに難しくなる。

日本語を話す感覚で英語を話そうとする。

ある意味では正しいが、初心者がこれをやれば丸暗記で言える言葉のリズムを持っているが、初心者が英語を話す場合は普段の日本語よりも遅いペースのほうが理解が良くなる。

英単語、フレーズを暗記できない。

単語帳の作り方も上手い下手がある。
いい記憶を持つためには、ストーリー性を持たせたほうが言葉をまとめて覚えることができる。

日本語も英語も文法はほぼ同じだということに気がつかない。

日本語は動詞は最後尾に来るが、英語は主語の後に来る。
日本語の助詞は名詞の後に来るが、英語は前に来る。これさえ気をつければあとはほぼ同じ。

人と英語で話せば話すほど上手くなると思っている。

これは明らかに間違い。
最初は主語と動詞のコンビネーション、つまり「選択処理の速さ」とフレーズの処理を徹底的にやったほうが言葉の切れが良くなるし、下の筋肉が柔らかくなるので流暢さが出てくる。


上記にも、英語が上手く話せないという理由はたくさんある。
こうしたことを除去していけば、結局英語が話せるということになる。
東京都新宿区クイック英会話教室
Page Top