新宿区西新宿の英語会話教室。通い放題1,2000円。入会金不要!体験有。英語をはじめませんか?

小さいうちから、正しい日本語とともに英会話を学習して、バイリンガルを目指しましょう!

「今日は、私は胃が痛い。」
「今夜は、カレーが食べたい。」

この2つの文章が間違っていると気づく人はほとんどいません。なぜなら、みんなそう話しているからです。

しかし、英語でこれを話そうとすると、正しい日本語に直さなければなりません。

今日、私の胃が痛い。 
Today, my stomach hurts.

今夜、私はカレーを食べたい。 
I want to eat curry tonight.

つまり、正しい英語を話せる人はいつでも正しい日本語を話すことが出来ますが、そうではない人はそれが出来ません。


現代日本語は基本的に英文法を使っています。日本文を英文法で作ると、「アナウンサーが使用する日本語」或いは「同時通訳者が使う日本語」になります。 英語を英語だけで学習しようとすると、途方もない努力と時間を要します。そして失敗する危険性があります。 現実として、私たちの周りにあるものや行動は、ほとんど単語としての英語を話せますが、文章としては話せません。


これは、日本人として日本語を文章で話せないことが原因です。なぜ話せないかと言うと、言いたいことを箇条書き(一つの文に主語と述語がある)で言えないからです。箇条書きで言うには、何が主語で、何が動詞であるか知らなければなりません。

でも、成人日本人で箇条書きで日本語を話せる人は殆どいません。反対に、外国の人たちのほうが日本語を「です・ます」を使用し、箇条書きで話します。これは、正しい日本語の話し方を基本としているからです。 英語は「主語と動詞」、つまり、箇条書きでスタートします。脳内で、この「主語と述語(動詞)」をキャッチできなければ、英語で話すには大きな欠点となります。


英語を話す日本人が正しい英語を話せるかどうか、簡単に見分ける方法があります。日本語を直ちに箇条書きで言える人は文章で正しい英語を話せます。それが出来ない人はブロークン英語で話します。

もう一つ、返事を英語で、「Yes, I do」「No, I haven't」「Yes, we did」と、英語の主語動詞で返事を出来る人は正しい英語を文章で話せますが、それが出来ない人は、「Yes or No」だけでしか返事出来ません。 悪い言葉の癖が定着する前に、正しい日本語とともに英語を学習する。そして英語でも日本語でも自分が言いたいことができれば、受験や就職の時でも、恥ずかしくなく自分の意見を言うことが出来ます。


単に英語を学習するということよりも、英語を学習することにより日本語を話す技術をも向上させることをお勧めします。

[ 住所 ] 
東京都新宿区西新宿7-1-7
ダイカンプラザ 新宿A館 919号 
[ 電話 ] 03-3365-3361
※体験レッスンは予約制 2日間3,000円(1回2時間まで)